撮影時の諸注意

2月11日・11月1日の前後、徳性院門前からダイヤモンド富士が撮影できると言う事で多くの写真家の皆様が集まっています。

以前、僕が帰宅した際の話ですが車庫の前に車が横付け。境内は無断駐車で埋め尽くされていました。
隣の畑にはタイヤを乗り上げて停まっている車も数台。
徳性院の周囲は生活道路です。地元の方の通行もあります。

撮影する方のマナーが問題となっている昨今。
素晴らしい作品を撮ろうとするあまり大事な事を忘れていませんか?

徳性院境内の駐車ですが本堂前や本堂裏の駐車場にきちんと並べて停めれば40台以上停める事が可能です。
駐車希望者は事前に問い合わせフォームからお申込み下さい。

撮影した写真をCDロムで奉納して頂く代わりとして駐車許可証を発行しています。
当日は駐車許可証を必ずフロントガラスに提示をお願い致します。

「忘れてきた」「当日お願いしたい」は駐車をお断りしています。
インターホンを鳴らすのは1人でもお寺側としては何度も応対する事になります。

徳性院境内以外の駐車場は中央公民館等の駐車場を利用して下さい。

隣接する道路に乗り上げての駐車は火災などの際、消防車等の妨げとなりますので印西警察への連絡となります。
何とぞご理解とご協力をお願い申し上げます。

徳性院住職 荒川 宥紀